ボディスタの効果と他のダイエットに潜むリスク

ボディスタさやかボディスタの効果と他のダイエットを比較しました。

その結果、他のダイエットのリスクが、実は痩せにくい体質を作る原因になっている事も判明!

ここでは、その内容とボディスタが体に負担のかからないダイエットだという事を説明します。

 

ボディスタの食事制限

なぜ食事制限をすると、痩せにくい体質になるのでしょう?

それはカロリーと基礎代謝が関係しています。

食事制限をすると体は栄養不足になります。

すると体は消費カロリーを抑えようとします。

その結果、代謝が悪くなります。

代謝とは、安静時も燃焼するエネルギーの事です。

「体の仕組み」

摂取カロリーより消費カロリーが多い→痩せる
摂取カロリーより消費カロリーが少ない→太る

一日の消費カロリーの大半は、基礎代謝です。
食事制限をすると、慢性的に基礎代謝を悪くする為に、痩せにくい体質を作ってしまいます。

細胞が栄養不足になり代謝が悪くなる→老廃物が溜まる
細胞が栄養不足になり筋肉を分解してエネルギーを作る→更に代謝が悪くなる

ボディスタさやか(困り顔)そして食事制限で辛いのが、ストレスです。
このストレスにより、食事制限をやめた時にリバウンドが起こります。

食事制限で一時的に体重は減りますが、ストレスで長続きせずリバウンドし、何度も繰り返すうちに痩せにくい体質になるという悪循環となります。
仮に食事制限が長続きしたとしても、細胞の栄養不足は病気の原因になるので、健康を害してしまうので危険です。

これに対して、ボディスタは太りにくい食事を提案しています。

詳しくは、購入10大特典の「ダイエット効果を更に加速させる食事」で紹介しています。

激しい運動

運動はカロリーを消費するので、体重を減らす事が出来ます。

でも、知っていますか?運動の消費カロリーは、思っているより実は少ないんです。
(例)
茶碗一杯のご飯のカロリーを消費する為の必要運動量は?
50代の女性なら、ゆっくりジョギング(300~400カロリー)で一時間

朝ジョギングして、帰宅して朝食を取ればチャラです。
もちろん健康の為には、運動は良いことです。ただ体重を減らすという点では、あまり期待できません。

もし1キロ体重を減らす為には、約7000キロカロリーの消費が必要とされています。
運動で減らす為には、単純計算で23時間もジョギングしなければなりません。
23時間‥体を鍛えているアスリートでも、無理だと思います。
運動は痩せる為では無く、痩せた後の健康維持に向いています。

これに対してボディスタは、代謝を妨げる老廃物をリンパマッサージで排出するので、激しい運動は不要です。
たった5分のプログラムなので、23時間も必要ありません。
ボディスタは、無理なく続けられるプログラムです。

ボディスタ公式サイト

↑   ↑   ↑
ボディスタ公式サイトはコチラをクリックしてください。

⇒ボディスタで美人痩せしよう(TOP)

コメントは受け付けていません。